自動車部品特集(部品と主な材料)

自動車部品に関する求人を探す前に、自動車1台が完成するのに、どのような部品があるのか確認しましょう!

自動車部品の種類について

自動車部品の種類について

自動車はボデーに組付ける関連部品が非常に多いです。種類としては、「スプリング」「ベアリング」「ポンプ」「タイヤ」「バッテリー」「窓ガラス」「サスペンション」「タンク」といった部品が車を動作させたり、外観に使用されます。また安全や機能性を重視させる上で、ブレーキやメーター、電子制御システムなども最先端の技術で搭載されています。安全で快適な自動車作りを目指すために、、多くの求人募集や多岐にわたる業務内容があります。それぞれ難易度や適正もありますが、基本は安全で快適な1つの自動車を完成させる事が大きな目的です。そのために各種部品毎に高いレベル基準や作業効率の良い生産の仕組みがマニュアル化されています。

自動車部品の材料について

自動車部品の材料について

自動車の部品である、内外装品部品やタイヤなどの原料(材料)についてまとめてみると、銅、鉛、亜鉛、アルミニウムなどの金属関連やボデーペイントを行う際の塗料、化学製品、動植物油や、ガラス等や内装に使用される合成樹脂、ガラス、ゴム、セラミックス、繊維、皮革、紙、木材などがあります。
自動車部品の数を細かく分けると、2万個から3万個にもなります。その中には外国製の物も多く含まれ、しかも年々増えています。
日本の自動車産業は、国内だけでなく、世界の経済にも大きな影響を与えています。

自動車部品特集(概要)

あらゆる部品をボデーに組付けたり、様々な工程を経て1台の自動車が完成します。人や作業の質に関してはもちろん、 ものづくりの工程では、部品の質も非常に大切になってきます。そこで自動車部品特集について、整理いたしましょう!

自動車部品製造の求人

自動車部品製造の求人

主に自動車部品の求人は、トランスミッション、インパネ、シート、ダッシュボード、ゴム、タイヤなどで検索をかけることによって、調べることができます。
作業内容を大きく分けると、車を製造する上で必要な大きなものだとエンジン、小さなものだとメーターなどが挙げられます。
実際の求人を見てみると、ベアリング部品や、電子部品の加工作業、検査などがあります。
求人の数としては、自動車メーカーよりも多いです。給与に関しては、作業内容や製造品目によって異なります。

自動車部品求人の主な業務内容

自動車部品求人の主な業務内容

自動車の部品と聞くと、エンジンやドアなどを想像される方も多いかもしれません。
今回は、「ベアリング」について取り上げていきます。ベアリングとは回転して機械の摩擦を減らす輪っか状の部品です。
主な用途としては、タイヤなど回転が行われる部位周辺に設置されます。故障や不良事故を防ぐために、非常に大事な部品です。
製造工程は、
①ベアリングのサイズにサイズに合わせて鉄の棒を切断、高温で熱し、プレス機で大きな力をかけて内輪と外輪の形を作る(鍛造)。
②それらを削り、およその形と寸法にします(旋削)。
③成型したら熱処理をし、摩擦を少なくするように表面を磨く(研削)。
④部品の組み立て
⑤納品の前に、検査を行い基準に沿って、ひとつずつ検査をして完成。
自動車部品に関する求人は、基本的には基準を順守し、検査を確実に行うことが大切です。

自動車部品特集(外装部品)

車のボデーは、どのような工程で製造されているのでしょうか?外装部品の求人を元に製造工程を見ていきましょう!

外装部分の製造や加工工程

外装部分の製造や加工工程

自動車の外装部品というと、例えばパッキンなどのゴム製品、ヘッドライトなどのプラスティック部品などがあります。
自動車の外装部品に関しての求人を見てみると、6つの作業ラインがあるようです。
①成型(型を用いて一定の形状へ)
②バリ取り(カッターナイフ等の工具を使用)
③切断
④外観の目視検査(基準に沿って)
⑤ラック収納
⑥運搬
が主になります。
この中でも、車のボデーは見た目も非常に重要ですので、④外観の目視検査は非常に重要です。
目視検査は様々な確度から光沢や、キズなどがないかチェックします。
加工だけではなくこのような作業も求人の1つとして募集があります。

重要作業バリ取り

重要作業バリ取り

外装部分の製造や加工工程の重要な業務の1つに、バリ取りという作業があります。バリ取りとは削ったり切ったりして、出っ張り(キズ)を取り除く事をいいます。基本的には、丁寧にヤスリをかけるお仕事です。
自動車の外装部分もそうですが、このバリ作業は高精度部品などを作る工程において必須となっています。
バリ(出っ張り)があるとがうまく固定できなかったり、怪我の原因になったりと様々な問題が発生します。

自動車部品特集(内装部品)

外装部品と同様に内装部品も、質が重要視されます。乗車時の快適さはもちろん、安全性の部分で、事故など何かあった際にお客様を守る部分もとても大切なのです。

内装部分の製造や組立工程

内装部分の製造や組立工程

自動車の内装部品というと、例えば車のシートや、インパネ、ダッシュボードなどがあります。
一例として、ドア部分の作業内容で多くあるのが、ドアトリムの組立作業です。
ドアトリムとは、ドアの内張りパネル(シート)の張り組立てのことです。また、確実に組立が出来ているかを確認する検査作業もあります。
その他には、布生地のミシン使用による縫合作業などもあります。基本的にこの作業は、ミシン使用の経験者が優遇されるようです。

エアバッグについて

エアバッグについて

内装部品のこだわりは、快適な乗車、見た目の向上などと同じく、安全性担保の一つとしてエアバッグの存在が挙げられます。
不測の事態(事故)などにおいても、エアバッグが動作するかが生死を分ける部分でもあります。実際の内装部品のエアバッグ取り付けの求人は、主にエアバッグとシートベルトなどの組付け作業とセットになる事が多いようです。特徴としては、細かい作業が得意な方やフットワークが軽い方などが歓迎されています。

自動車部品特集(物流)

自動車部品に関わる求人の中には、物流を取り行う業務も多くあります。
例えば納品数値の適正チェックや物量の確認に関しての業務を行う求人です。物流の流れや業務内容などを見ていきましょう。

仕事の流れ

仕事の流れ

自動車部品の物流のお仕事というと、どのようなイメージを持ちますか?
ここでは実際の求人の業務内容を例にあげます。おおまかに分けるとこちらの通りです。
①部品の受け入れ業務(部品の受け入れ、搬入、数量チェック)
②包装業務(カートや箱へ入れる)
③入庫業務(所定の棚へ運ぶ)
④出庫業務(所定の棚から出庫する、ラベル貼り)
⑤梱包(配送用にコンテナにつめる、梱包する)
数の確認やラベル貼り等、かなり細かい作業が必要になるため、ミスは厳禁です。
基本的には求人の性別の指定はありませんが、2週間程度の試用期間を設けるケースがあります。

ライン毎の役割と月収例

ライン毎の役割と月収例

それぞれのラインでの役割についてご説明します。
ラインでの作業は、絶対にミスが許されないところなので、ミスが起こりにくいように作業が細かく分かれている特徴があります。
①部品の受け入れ業務においては、正規に納品を行ったにも関わらず、このラインでの受け入れでミスが発生すると取引や後の車の結合工程で、進捗進行の遅延が発生する可能性があります。
また、⑤梱包においても出荷先のコンテナを間違えた場合に、想定する数の部品が納品できない場合、同様に進行の遅延をもたらす可能性があります。そのために、冒頭で記載したラインの業務や役割を極力最小化し、ミスの発生リスクを低減しています。例えば、梱包時の出荷ミスを防ぐために出荷物別の棚へ配置する業務を独立するなど、大事な作業は独立したラインになっています。

アイシン・エイ・ダブリュ株式会社 アドヴィックス EKK ISUZU NTN 株式会社FTS CVTEC ジヤトコ SUZUKI SUBARU 住電装プラテック株式会社 ダイハツ九州株式会社 株式会社デンソー北海道 TOYO TIRES トヨタ自動車東日本 トヨタ自動車九州株式会社 豊田自動織機 NISSAN 日産車体九州株式会社 日産自動車九州株式会社 日野自動車 HONDA MAZDA 村田製作所