トヨタの生産方式に関して

「中国・韓国は徹底的な見える化推進」 第21回

青木幹晴

図1

図2

図3

図4

 図1~図4はトヨタの一人セル生産ラインでの標準作業票だ。クライアントには、このトヨタの標準作業票が最終目標であると教育している。しかしまだまだ体制ができあがっていないため、これを今すぐ横展することはできない。そこでクライアントには、「形式は問わないから、作業内容・取扱手順・作業時間等を、自分が最も書き易い方法で表現する。写真でも文章でもかまわない。そしてそれが出来上がったら、必ず現場に掲示し、それを元に新人作業者等へ説明する。そしてもし質問を受けたら、その内容も追加して書いておく」という指示を行った。
 その結果、各クライアントではものすごい量の表示が行われた。それを図5~図33に示す。

図5

図6

図7

図8

図9

図10

図11

図12

図13

図14

図15

図16

図17

図18

図19

図20

図21

図22

図23

図24

図25

図26

図27

図28

図29

図30

図31

 これらには写真が多用されていて、トヨタのものよりも分かり易いものも出てきた。
 たとえば図5は一人セルラインだが、トヨタ式標準作業票を書いた上に、各個別作業ごとに写真を添付し、そこにポイントなどを書き込んでいる。トヨタではここまで詳しいものはない。やはり中国ではここまでやらないと作業者への徹底が難しいのだ。
 今後は各クライアントでそれぞれ最も優秀なものを選定して、表示形態をそれに統一させてゆくような方向で指導していくつもりだ。
青木幹晴(あおき みきはる)プロフィール
1955(昭和30)年、愛知県豊橋市生まれ。
1978(昭和53)年、早稲田大学商学部を卒業。
トヨタ自動車工業へ入社以来、人事部(海外人事関係)、経理部(債権債務管理)、財務部(輸出入経理)などの本社機能 を経て、現場の本社工場・原価グループ(鍛造工場能率・製造予算管理、たな卸し本社工場事務局)、本社工場・生産管理室(車体・塗装・組立工場生産管 理)、米州事業部(海外生産車の原価企画)、田原工場・原価グループ(成形工場能率・製造予算管理)、田原工場・生産管理室(エンジン・鋳造工場生産管 理)、などを経験。
一貫して、トヨタ生産方式の「石垣」ともいえる「生産管理・原価管理・要員調整」の実務を担当し、さらに「天守閣」としての「トヨタ生産方式現場改善」までを実践。トヨタ生産方式部課長自主研メンバー。「かんばんのフローラックラベルへの活用」等で、多数の表彰を受ける。
2004年、基幹職(課長級以上)のチャレンジキャリア制度(転出促進制度)に応じ、40代でトヨタ自動車を退職。
退職後、オーエスジー株式会社へ入社し、トヨタ生産方式の導入に活躍。
2007年、オーエスジーを退職し、豊田生産コンサルティング株式会社を設立。