お仕事記事トップ画像
CONCEPT

仕事をする上で取っておくと役に立ちそうな資格。

でも、

・実際に役に立つ資格はどれ?

・どうやって勉強すればいいの?

・資格を取ったら何がうれしいの?

一緒に学んでいきませんか?

2021年に取りたい資格!伸び続ける業界でいかせる資格がおすすめ

新しい年になると、気持ち新たに資格を取りたいなと思う人が多いです。どうせなら、求められる可能性が高く、仕事をする上で役に立つ資格を取りたいですよね。今回は、2021年に仕事でいかせるおすすめの資格を、伸びていく業界と合わせて紹介します。一生懸命取り組めば合格できる資格なので、ぜひチャレンジしてみてください。

2020年人気だった資格をチェック!工場関係者のスキルアップ事情

2020年は新型コロナウイルスによって、さまざまな不安を感じる年となりました。コロナ禍のなかでも自分の力を証明することのできる資格は人気でした。この記事では2020年、工場関係者に人気だった資格について見ていきます。

面接では資格をうまく使って自己PRしよう!好待遇や人気の職への近道

転職活動において面接が必要になるケースは多くあります。資格を持っていると、能力を示してくれる大きな武器になるので、面接を有利に進めることができ、いい待遇での仕事や人気の求人の獲得にもつながります。

更新が必要な国家資格は?失効、再交付とならないためのポイントを解説します

スキルをアップや仕事のために、国家資格を持っている人もたくさんいます。さまざまなメリットがある国家資格ですが、種類によっては定期的な更新が必要なものもあります。資格をとってから数年たっている場合や、子育てなどのために退職したものの、資格を活かして復職しようとしている場合には、資格の更新が必要かもしれません。

資格を取得するタイミングは転職前?転職後?自分に合ったタイミングを見極めよう

「興味のある仕事があるので、その仕事で使う資格を取得して転職したい!」と考えている人は多いでしょう。しかし、転職する前に資格を取る方法と、転職してから資格を取る方法、どちらがいいかきちんとくらべたことはありますか?今回は資格取得と転職のタイミングについて、さまざまなパターンをくらべて解説します。この記事を読めば、あなたが資格を取得すべきタイミングがわかるはずです。

資格を取るときの勉強方法とは? 効率よく勉強してスキルアップを目指そう

いざ資格を取ろうと思っても、効率よく勉強する方法が分からなくなって『今回は受けなくてもいいかな』と後回しになってしまいますよね。せっかくやる気はあるのに、勉強法が分からずに資格勉強の手が止まってしまうともったいないです。そこで今回は、資格の勉強方法を資格試験までの日程別に紹介していきます。

履歴書の書き方って?資格の書き方など、ポイントを解説します

履歴書をいざ書こうとすると、どのように記載するべきか迷ってしまいます。能力やスキル、やる気があるのに、まちがった書き方をしてしまうと、面接に進めなかったりするケースもあり、もったいないです。今回は、履歴書の基本的な書き方や自己アピールの書き方、履歴書に書く際に気をつけたい資格の正式名称などを紹介します。

【スタッフインタビュー】フォークリフト免許を実際に取得した方に聞いてみた!結論、絶対取ったほうがいい!

工場で活躍する玉掛けやフォークリフトに関する資格はとても人気です。そのためPEO建機教習センタ(以下、PCT)でも、全国どこの教習所でも取得することができます。今回はそんな人気資格の一つ、フォークリフトの運転免許を取得した方に話を聞きました。どうして取ろうと思ったのか、講義を受けてみてどうだったかなど。本音トークを紹介します!

【後編】ICT施工が広まると女性や若者が多く働くようになる!?ICT施工を広めるための課題とは?PEO建機教習センタの担当者に聞きました!

ICT施工講習の責任者、足立真哉さんへのインタビューの前編では、ICT施工とはどういうものなのか、PCTが行っている講習などについて紹介しました。さて後編では、これまでICT施工講習を実施して見えてきた課題、ICT施工が広まった社会はどうなるのか、広めるためにPCTはどんな動きをしていくのか。足立さんが考えるPCTとICT施工の未来を紹介します。

【前編】いま話題の「ICT施工」って?ICT施工で建設業界が大きく変わる?ドローンの利用などあらゆる工事が正確に行える!

ドローンによる測量やコンピュータを積んだICT建機など。他の業界と同じように建設業界でも最新のテクノロジーを使う動きが進んでいます。その代表的なものが「ICT施工」です。そもそもICT施工とはなんなのでしょうか。ICT施工が広まることで、建設業界や工事はどう変化するのでしょうか。PEO建機教習センタ(以下、PCT)でICT施工講習の責任者をされている足立真哉さんに聞きました。

【現場レポート】建機教習所ってどんなところ?建機や授業の様子などを紹介!

フォークリフトやクレーン、高所作業車など。建設現場はもちろん、工場や倉庫などでも活躍する、建設機械の免許や資格をとれるのが、PEO建機教習センタ(以下、PCT)です。どんな資格が、どれくらいの日にちでとれるのか。また、費用はどれくらいかかるのか。受けている人のタイプや授業の雰囲気は、などなど。神奈川県相模原市にある、神奈川教習所を取材した様子を紹介します!

食品工場で活躍できる!お役立ち資格はこれ!

今回は世の中にたくさんある資格の中でも、食品工場で働くのに役立つ資格をご紹介します。資格がなくても食品工場で働くことはできます。しかし、食品工場を営業するためには特定の資格をもった人が必要なため、資格をもっていると食品工場で働きやすくなります。

未経験だけどこれから製造業でキャリアを積みたい!という人におすすめの資格5選!

製造業は日本を支える重要な産業であり、私たちの生活になくてはならないものです。求人数も安定しており、就職や転職先としてもおすすめの業界です。今回の記事では、未経験だけど今後は製造業で長くキャリアを積んでいきたい!という方向けに、未経験でも挑戦できる製造業の資格を5つご紹介します。

短期間で複数の資格を取得してアピール!1日でとれる資格5選

就職・転職活動では、資格を持っていると自分のスキルをアピールできます。今回は、かんたんに1日でとれる資格を5つ紹介します。短期間で資格を取得でき、履歴書に書けるので就職活動で有利になるでしょう。

1万円以下で取れる国家資格!安くても活用できる資格4選を紹介

日本には、数多くの国家資格が存在します。今回は製造業にかかわる国家資格の中から、自身のスキルアップや就職、転職で活用しやすく、なおかつ1万円以下で取得できる4つの資格を紹介します。

ものづくりのスペシャリスト!製造業で役に立つおすすめ資格とは?

製造業で働いている、または働きたい方のために、ものづくり系の資格をご紹介します。製造業では、資格を持っていないとできない業務がたくさんあります。細かく作業や規模ごとに資格が設定されているので、くわしく情報収集することが大切です。

ステップアップしたい!工場ワーカーのための資格9選

仕事をしていてさらに成長したいと思った時、資格取得を考える方も多いのではないでしょうか。工場で働くのに役立つ資格はたくさんあります。今回は工場で働くのに役立つ資格の種類と、各種類の代表的な資格をご紹介します。

振動工具取扱作業者に必要な安全衛生教育とは?対象業務や教育内容を解説!

振動工具とは、電動ハンマーや振動ドリルなどを使用する際に強い振動を起こす工具です。作業現場ではさまざまな振動工具が使われています。振動工具は間違った使い方で長時間作業すると、手指の血行が悪くなったり、手にしびれや痛みなどが出る場合があります。

フルハーネスの特別教育とは?講習内容や法改正後の受講条件などを解説!

建設現場などでよく見かける高所作業では、スペースの問題で落下防止に必要な柵を設けられないこともあります。そのため、作業者が転落して事故にならないよう、さまざまな安全対策が行われています。

こんなにあった!資格取得で受けられる助成金制度とは?

国や地方自治体によるキャリアアップの支援制度として「教育訓練給付金制度」など、資格取得のための助成金制度があります。聞いたことがある、やっていることは知っているけれど、使ったことがない人は意外と多いのではないでしょうか?

粉じん作業を行うには特別教育を受ける必要がある!難易度や必要な時間はどのくらい?

「粉じん作業」という言葉を聞いたことがありますか?作業によって細かい粒子が浮遊してしまう作業のことです。粉じんは粉の種類や量によっては肺がんなどの病気につながる可能性もあるため、粉じん作業特別教育という資格が必要になります。

自由研削砥石の特別教育ってなに?どんな仕事をする?

自由研削砥石(といし)とは、いわゆるグラインダーとよばれる機械です。ディスク状の砥石を回転させ、金属などを削るために使われます。しかし研削に使われる砥石は使うごとに摩耗していくため、適切なタイミングで取替えなければいけません。

高所作業車の操作資格の入門 特別教育受講で取得可能

高所作業車を使って信号機や看板のメンテナンス、背の高い樹木の剪定を行ったりしている姿を見たことはありますか? 高所作業を行うためには「技能講習」か「特別教育」の修了が必要です。

国家資格の高所作業車技能講習!資格の取得方法は?

私たちがよく見かける高所作業のひとつが電線工事ではないでしょうか? トラックから伸びたバスケットに人が乗り、作業している姿を見かけることも多いですね。このように高く上がるバスケットをもった車を高所作業車といいます。

高所作業車の運転に免許がいらないって本当?資格は必要?

トラックからバスケットが伸び、その上で人が作業している姿を1度は見たことがあるのではないでしょうか? じつは、その作業をしている方たちは専門資格を修了した高所作業のスペシャリストなんです。

簡単に取得できて履歴書にも書ける!試験のない資格5選!

就職やスキルアップがしたいときに資格取得をおすすめされることが多いですよね。しかし多くの資格には試験があるので、取得のハードルが高く断念する方も多いのではないでしょうか。

工事現場で役立つ不整地運搬車運転者の資格!取得条件や講習内容を解説

道路工事や宅地造成工事などの土木建設現場で不整地運搬車をよく見かけますね。ダンプやトラックが入れないようなデコボコ道や傾斜の強い坂道をものともせず、力強く走る車です。そんな頼もしい存在の不整地運搬車には、運転資格が必要って知っていましたか?

建設工事に使用されるローラーの資格とは?取得方法を解説!

建設工事に使用されるローラーという機械を知っていますか? みなさんも、見かけたことがあると思います。黄色いボディのトラックのような乗り物で、道路工事をしている現場や、建物の建設現場でよく使われています。ローラーとは、地面を固めるための機械で、専用の資格があります。ローラーの資格がどのようなものか、取得方法や受験資格について解説していきます。

車両系建設機械の免許取得費用を解説!教育訓練給付金や助成金の活用が可能

建設現場や土木現場で車両系建設機械を操作するには、操作する機械に応じた特別教育や技能講習を受ける必要があります。これらの教育や講習を受けるためには、受講費用が必要です。しかし、補助金を活用することで、費用をおさえられる可能性があります。この記事では、車両系建設機械をあつかうために必要な教育や講習の費用と、活用できる補助金について、紹介したいと思います。

車両系建設機械の技能講習受講で仕事の幅が大きく広がる

大きなショベルカーやホイールローダーなどの建設機械に憧れ、いつか乗ってみたいと思っていた人もいるでしょう。車両系建設機械の技能講習を受講することで、建設現場や解体現場で活躍する、大きな建設機械をあつかえるようになります。今回は、車両系建設機械の技能講習について、特別教育との違いや受講内容などを紹介したいと思います。

車両系建設機械の特別教育は受験資格、試験なしで就職に強い資格を取れる

建設現場では、さまざまな車両系建設機械が使われています。しかし、建設機械はだれでもあつかえるわけではなく、専用の資格が必要です。車両系建設機械の特別教育を受け、資格を取得すると、建築現場で使われる建設機械の中でも小型の機械をあつかえるようになります。今回は、車両系建設機械の特別教育について、教育内容や受講資格などを紹介したいと思います。

車両系建設機械の資格は機械に合わせた教育や講習が必要

建物の建築や道路などインフラの工事には、ブルドーザーやパワーショベルなどの車両系建設機械が欠かせません。車両系建設機械を運転するためには、機械の種類に合わせた教育や講習を受講し、資格を取る必要があります。今回は、車両系建設機械を扱う資格の種類や、どのような教育、講習を受講する必要があるのかについて紹介したいと思います。

工事担任者DD種をとると何ができるの?取得メリットや難易度、合格率を紹介

情報通信工学は、工学系の中でも今もっとも注目度が高い分野のひとつです。「情報通信に関わる仕事がしたい」と思う人は多いのではないでしょうか?その仕事に一歩近づくためにまずは資格取得を考えるのもいいかもしれません。工事担任者DD種は、そんな情報通信系の資格のひとつです。「どんな資格で何ができるのか?」や、試験の難易度、合格率についてご紹介します。

工事担任者資格は難易度が高いって本当?試験内容や勉強法を解説

情報通信ネットワークの技術は日進月歩で進んでいます。それらのネットワーク接続に関わる工事担任者とはどんな資格なのでしょうか?ここでは、資格の難易度や試験内容、受験するにあたっての対策について解説します。

第三種電気主任技術者は電気設備の管理に必須な資格

私たちの生活は電気によって支えられています。そのため、ビルや工場、病院、商業施設など、さまざまな場所に電気設備があります。電気設備を管理するのが電気主任技術者です。電気設備は定期的に点検やメンテナンスを行う必要がありますが、資格をもった人が管理監督を行わなければいけません。電気主任技術者は国から電気設備の管理をしてよいと認められたことを証明する国家資格です。今回は、第三種電気主任技術者について、資格取得のメリットや試験内容について解説していきます。

第二種電気主任技術者は難易度が高い国家資格。取得方法とメリットを解説!

工場やビル、発電所など事業用の電気設備がある場所で働いている人は多くいます。電気設備関連の仕事をしている人は将来のステップアップのために第二種電気主任技術者の取得を目指している人もいるのではないでしょうか。今回は、国家資格である第二種電気主任技術者について、取得方法やメリットを解説していきます。

第一種電気主任技術者はあらゆる電気設備の管理者になれる資格

電気主任技術者は、事業用電気設備の保安監督に必要な資格です。電気設備とは、電気を送ったり分配したりするために必要な設備のことで、オフィスビルや商業施設、工場、発電所などさまざまな場所にあります。今回は、第一種電気主任技術者の仕事内容や受験資格、勉強方法について解説していきます。

電気主任技術者は電気設備の保安監督者!どのような資格か解説!

発電所や工場、ビルなどの施設にはいろいろな電気設備があります。電気主任技術者は、事業用の電気設備を保安監督するための資格です。電気主任技術者が活躍できる場所や、電気主任技術者の資格の種類、取得方法について解説します。

第二種衛生管理者は幅広い業種で衛生管理者として活躍できる

労働者が健康的に働くためには安全で快適な職場環境が必要です。働きやすい職場環境を作るために幅広く活躍しているのが、衛生管理者です。今回は、衛生管理者として働くために必要な国家資格である、第二種衛生管理者について紹介したいと思います。

第一種衛生管理者はすべての事業所で衛生管理者になれる国家資格

仕事を長く続けていくためには、働きやすい職場環境を維持する必要があります。衛生管理者は、企業で働く労働者の健康管理や労働者が健康的に働ける職場環境づくりに取り組みます。今回はさまざまな業種で活躍できる、第一種衛生管理者の資格について紹介したいと思います。

衛生管理者は労働者の健康管理と快適な職場づくりの専門家

会社が成長していくためには、労働者が健康で働き続けられる状況が大事です。会社の中で、労働者の健康管理や働きやすい環境、職場づくりに取り組むのが衛生管理者です。今回は、衛生管理者の仕事内容や資格の種類について紹介したいと思います。

危険物取扱者は合格後も講習を受ける必要がある!講習の期間や日程についても詳しく解説!

火災の危険性が高い危険物を取扱うために必要な国家資格、危険物取扱者。一度資格を取得しただけでは、危険物取扱者として働き続けることはできないって知っていましたか?今回の記事では、危険物取扱者が定期的に受ける必要のある講習について解説します。危険物取扱者の資格を取得したばかりの方や、これから講習を受講しようとしている方は、ぜひ読んでみてくださいね!

人気資格!危険物取扱者の乙種4類って?取得するメリットなどを解説!

危険物取扱者は、火災の危険性が高い危険物を大量に取扱う際に必要な国家資格です。危険物は私たちの生活になくてはならないものであり、危険物取扱者はさまざまな場所で必要とされています。危険物取扱者には甲種、乙種、丙種という3種類の区分があります。今回の記事では、これらのうち最も受験者数が多い乙種4類について詳しく説明します。乙種4類は需要が高く魅力的な資格です。興味をもたれた方は、ぜひ本記事を最後まで読み進めてくださいね!

危険物取扱者の甲種とは?難易度が高いって本当?取得するメリットはあるの?

私たちの身の回りにはさまざまな危険物があふれています。これらの危険物を取扱う場合に必要になるのが、危険物取扱者という資格です。興味を持っている方もいると思います。危険物取扱者には、甲種、乙種、丙種という3種の区分があります。今回の記事では、これらのうち最難関といわれる甲種について説明していきたいと思います。

危険物取扱者の資格にはどんな種類があるの?甲種、乙種、丙種それぞれを詳しく解説!

みなさんは、危険物取扱者という資格をご存じでしょうか。危険物取扱者は、「危険物」を取扱うことで私たちの生活を支える縁の下の力持ちです。実は、危険物取扱者には甲種、乙種、丙種という3種類の区分があります。今回の記事ではこれら各区分の特徴を詳しく解説していきたいと思います。

危険物取扱者は取得しやすい国家資格!年収アップをはじめメリットもたくさん!

みなさんは、「危険物」って知っていますか?なんだか恐ろしい響きのする言葉ですが、実は危険物は私たちの身近にたくさん存在しています。例えば、車の運転をしている方にとっては身近なガソリンも危険物の一つです。また、中学理科の実験でナトリウムに水を加えると発火する現象を見たことがある方もいると思います。実はこのナトリウムも危険物なのです。

機械加工技能士は機械加工技術の高さを証明できる国家資格

日本の強みである「ものづくり」を支えるのは、金属などの材料を狙った形に加工する機械加工の技術です。機械加工技能士は、機械加工の技能レベルの高さを証明する国家資格です。機械加工といっても、さまざまな種類があります。今回は機械加工技能士の種類や試験の概要について紹介します。

塗装業の登竜門 塗装技能士3級の取得メリットは?

塗装作業はペンキを塗る「単純な作業」だと思っていませんか?実はとても奥が深い仕事です。美しく仕上げることは当たり前で、熱や振動にも耐える特殊な塗料を使用し、耐久性のある塗装に仕上げなければいけません。そのため塗装作業には「塗装技能士」という資格があります。今回は塗装のプロフェッショナルになる登竜門ともいえる「塗装技能士3級」について紹介します。

塗装作業を行うなら取得したい塗装技能士2級

塗装技術を身につけ自信がついてきたとき、ふと、自分はどんなことができるのかと思うことがあるはずです。今までどんな作業をしてきて、どんなことを専門に作業してきたのか。そのようなときに挑戦してみたいのが「塗装技能士2級」です。実務経験2年以上から取得可能な塗装技能士2級に、どのようなメリットがあるのか紹介します。

塗装技能士1級は塗装に関するスペシャリスト!合格のポイントと専門分野の違いを紹介!

職人に限らず、誰しもが一度は何かの道を極めてみたいと思ったことがあるのではないでしょうか。塗装職人の道も、実はプロフェッショナルの道です。その頂点が「塗装技能士1級」。塗装に関するスペシャリストとは、どのようなものかを紹介したいと思います。

塗装工になるなら取得したい!塗装技能士の受験資格は?

塗装で色をムラなく均一に塗ったり、イメージに沿った着色を行ったりするのはかんたんなことではありません。また、塗装では塗装される製品の特徴や素材にあった塗装方法を提案したり、下処理や使用する道具の選定などをミスなく的確に行ったりしなければいけません。

信用と安心を得る塗装資格。取得メリットは?

職人業の中でも認知度が高い「塗装作業者」。建設現場などで、作業服にペンキが付いているあの姿を一度は見たことがあるのではないでしょうか。幼い頃、彼らに憧れの眼差しを注いだ思い出があります。

一級ボイラー技士は活躍の幅を大きく広げられる資格

ビル・病院・工場・発電所など、ボイラーはさまざまな場所で使われています。ボイラーは高温・高圧の状態になるため、ボイラーを取り扱うためには国家資格が必要です。今回は、ボイラー技士の中でも、就職・転職などで活躍の場を大きく広げられる一級ボイラー技士について紹介します。

二級ボイラー技士は、ボイラーに関わる仕事の入り口になる国家資格

高温高圧で運用するボイラーを安全に扱うためには、正しい知識と技術が欠かせません。ボイラーを扱う資格を持つのがボイラー技士です。その中でも入門的な位置づけである、二級ボイラー技士について紹介します。

ボイラー技士の仕事内容を紹介!ボイラー取扱には国家資格が必要

ボイラーは病院、学校、工場、ビル、銭湯など私たちが日常生活で利用するさまざまな場所に設置されています。ボイラー技士はボイラーを安全に使用するために、点検、安全管理をしています。ボイラー技士の資格には、どんな種類があるのでしょうか?

プレス機械作業主任者は工場に求められる資格

自動車の部品や家電の部品の多くに、プレス加工された部品が使われているのを知っていますか。金属を金型で挟んで圧力をかけて加工するプレス加工は、日本の多くの工場に導入されています。金属を変形させるので非常に強い力で機械が動くことになり、正しい使い方をしないと大きな事故に繋がってしまいます。

製造業に欠かせない!プレス加工の資格を紹介。

板金とよばれる薄い金属の板を金型に挟んで成形する「プレス加工」と呼ばれる加工方法があります。多くのプレス加工で作られた部品が自動車のフレームや家電製品のフレームに使われています。日本の製造業では、プレス加工に数多くの人が従事しています。

電気工事士 一種を紹介!高い技術力を証明!

電気工事は建物に電気というインフラを通わせる仕事です。日々安定した電力をつなぐ際にも、関わっている職業人はたくさん存在します。第一種電気工事士は、電気工事士の資格でも最上位になる資格です。高度な電気工事技術の照明にもなる、第一種電気工事士を解説します。

電気工事士 二種取得でできること!抜群の人気と将来性!

電気工事士として現場で工事作業をするには、資格を持っている必要性があります。電気工事に必要な資格は数多くありますが、その中でも初心者が目指す資格として有名なのが第二種電気工事士の資格です。今回は、電気工事に必須の基本的知識を身に着ける第二種電気工事士資格について紹介します。

電気工事士には受験資格ってあるの?一種と二種の違いは?

私たちの身近にあり、必要不可欠となった電気。電気工事士は生活のインフラを守る重要な資格になっています。一般的な住宅、マンション、店舗、大型ビル、病院、工場など、ありとあらゆる建物に電気工事はされるため、仕事がなくなることはなく、どんどん需要が高まっています

電気工事士ってどんな資格?どんな人が向いているの?

私たちの生活に必要不可欠になっている電気。そのインフラを下で支える縁の下の力持ちが電気工事士です。電気はあるのが当たり前になっているので、なかなか電気工事士の重要度を実感することは難しいかもしれません。

フォークリフトの特別教育って何?社内でできるの?難易度はどのくらい?

みなさん、フォークリフトって聞いたことありますか?フォークリフトは、物流や建築などの現場で重い荷物を効率的に運ぶための車両です。フォークリフトが働くかっこいい姿、みなさんもどこかで見たことがあると思います。

フォークリフトの運転技能講習って?内容は?何ができるようになるの?

工場や倉庫、港湾などの現場では、荷物の積み卸しや運搬が必要となります。重い荷物を扱うのは大変ですよね。こういった現場で大活躍しているのが、フォークリフトとよばれる車両です。運転してみたいという方も多いのではないでしょうか。実はフォークリフトを運転するには免許が必要です。

フォークリフトの免許にはどんな種類があるの?詳しく解説します!

みなさん、フォークリフトってご存じですか?フォークリフトは、人間の力ではとても運ぶことができない重い荷物を軽々と運んでくれる頼もしい乗り物です。運転してみたい!と思ったことがある方も多いでしょう。実はこのフォークリフト、免許さえ取得すれば誰でもすぐに乗ることができるんです。

機械保全技能士1級は上級エンジニア。資格取得するには?

機械保全技能士とは、工場や建物にある設備をメンテナンスするエンジニア向けの国家資格です。生産現場で設備保全を行っているエンジニアにとって、機械保全技能士1級は目指すべき資格といえます。そこで今回は、機械保全技能士1級はどのような資格なのか、どんなことに役に立つのかについて解説していきます。

設備保全のプロ。機械保全技能士2級とは?

家電やスマートフォン、自動車や産業機械などの製品は、工場で作られています。生産ラインで仕事をしている映像をテレビなどで一度は見たことがあると思います。多種多様な機械によって組み立てや加工が行われています。

機械保全技能士3級の取得方法、難易度について解説!

工場やビルにはいろんな機械があります。機械は私たちの仕事や生活を便利にしてくれるもので、なくてはならないものです。そのような重要な機械をメンテナンスして故障しないように管理してくれているのが設備保全エンジニアです。

工場内設備の専門家!機械保全技能士とは?

工場やビル、大きな建物の中にはさまざまな設備があります。自動車と一緒で、設備もメンテナンスする必要がありますが、だれがやっているか知っていますか? 設備保全のエンジニア集団がメンテナンスしているんです。設備を正しく扱って、故障しないようにメンテナンスするためには、機械や電気の専門的な知識が必要です。

設備保全ってどんな仕事?必要な資格はあるの?

機械を触ったり、ばらしたりすることが好きな人には設備保全の仕事がおすすめです。工場やビルには、多くの機械がありますが、長く安心して使い続けるには適切なメンテナンスが欠かせません。高い技術と幅広い知識をもったエンジニアたちが、日々メンテナンスをしています。

クレーン運転(5t未満)特別教育とは?どうやって取得する?

クレーンは建築会社、物流倉庫、製造工場、解体業者、港湾荷役事業者など、荷物や資材の運搬が必要なあらゆる現場で活躍している機械装置です。クレーンには床上操作式、小型移動式、移動式など、さまざまな種類があります。またクレーンと似た機械装置、デリックというものもあります。

転職に強いクレーン・デリック運転士!特徴と強みを紹介!

幼い頃に建設現場や、港でクレーンを見つけた時の興奮は今でも鮮明に思い出すことができます。ワイヤーに荷物が結ばれ、空中に浮いている姿は、なんとも言えない魅力とかっこよさがありました。そんな、クレーン資格には床上操作式、小型移動式、移動式など、さまざまな種類があります。

クレーン運転士として働くためには?クレーン操作資格3種!

建築会社、物流倉庫、製造工場、解体業者などで活躍するクレーン運転士。荷物や資材の運搬が必要なあらゆる現場で活躍する専門資格です。クレーンには、さまざまな種類があり、それに合わせて運転・操作するための資格も複数存在します。

建設業界で需要が高い!移動式クレーン運転士とは?

日本のインフラを支える建設業界で、役に立つ資格を挙げるならば「移動式クレーン運転士免許」はいかがでしょうか。移動式クレーンの活躍により、狭い日本でさまざまな建築物が建設されています。大型特殊重機が入れないような場所でも、ク

国家資格のクレーン免許5種!それぞれの特徴を紹介!

「クレーン免許」と聞いてまず思い浮かぶのは、建設現場で物を吊り上げる姿ではないでしょうか。しかし、実際はどのような仕事が行え、どのような業務に携わることが出来るのかと考えた時、あまり情報がないのが事実です。

建築板金技能士って役に立つ資格?資格の取得方法は?

みなさんが住んでいる「家」がどのようなもので作られているか、観察してみたことはありますか?屋根や外壁、雨どいやダクトなど、板金で作られたものが多く使われています。建物の外観や、雨水の処理、換気など非常に重要な役割を持ってい

工場で大活躍!工場板金技能士とはどんな資格?

自動車のボディや、エアコン、テレビなどの家電、私たちの周りのいろんなものに、板金と呼ばれる薄い金属の板で作られた部品が使われています。これらの多くは、日々高い技術と知識をもった技術者たちによって工場で作られています。工場

板金の資格って?板金の資格を持っていれば、自分の手でモノ作りも可能に!

自分の手でモノづくりをし、お客様に価値をお届けするのはすばらしい仕事です。私たちの身の回りには、薄い金属板を板金という方法で加工して作られた製品が数多くあります。自動車、家電、家、ビルなど、板金の技術が使われているものはた

特殊整備士は特定分野の専門家!自動車整備士との違いは?

自動車に使われている技術は、進化し続けています。安全確保に必要な整備をするためには知識が必要ですが、幅広い専門知識を身につけるのは簡単ではありません。自動車整備士の中で、特定分野の専門知識を身につけた特殊整備士を紹介しま

自動車整備士1級の難易度と合格率は?2級との違いも解説!

自動車がない社会では気軽に旅行に行ったり、新鮮な食材を手軽に購入したり、通販で購入したものを翌日受け取ったりできません。私たちの豊かな生活に欠かせない自動車の安全を守るのが、自動車整備士です。自動車整備士の最高峰である自動

自動車整備士2級の受験資格には何が必要?1級との違いは?

自動車は私たちの便利な生活を保ち続けるために重要な乗り物です。安全に長く使用し続けるためには、整備が欠かせません。その整備を専門的に行うのが自動車整備士です。中でも、実際の整備現場において中心的な役割を担う自動車整備士2級

自動車整備士3級の取得って難しい?2級、1級との違いは?

自動車を安全に使用するためには、専門的な知識に基づく適切な整備が欠かせません。自動車整備を専門的に行うのが自動車整備士です。その中でも入門的な位置づけである自動車整備士3級について紹介します。

自動車整備士として働くための資格は?それぞれの違いを紹介!

生活を便利にしてくれる自動車。自動車整備士は自動車が安全に走行できるように、必要な整備をしています。自動車整備士の資格には、どんな種類があるのでしょうか。今回は自動車整備をするために必要不可欠な資格から、持っていることで

現場を管理する玉掛け技能者って?資格のメリットや取り方を紹介

玉掛け技能者とは、荷重1t以上の揚貨装置やクレーン、デリック、移動式クレーンなどの玉掛作業を行う「玉掛け技能講習」を修了した作業者を指します。しかし、どのような技術を用いて作業に取り組んでいるのでしょうか。「玉掛け技能者」として心得るべきポイントを紹介したいと思います

1t未満の玉掛け業務。玉掛け特別教育とは?

重量物を運搬する設備がある工場では、玉掛作業というものが必要になります。今回はつり上げ荷重が0.5t以上1トン未満のクレーン等の玉掛け業務に必要な「玉掛け特別教育」について解説しちゃいます。

技能取得19時間の国家資格。玉掛け技能講習

重量物を運搬する設備がある工場では、玉掛作業というものが必要になります。今回はつり上げ荷重1t以上のクレーン、移動式クレーン、デリック、揚貨装置による玉掛け作業に必要な「玉掛け技能講習」について紹介したいと思います。

現場で重宝される!玉掛けに関する資格の種類やメリットを紹介

重い荷物を運搬する機会がある現場では、玉掛け作業が必ず必要になります。玉掛け作業を行える資格取得のポイント、玉掛け作業が行えばどのような業務に携わることが可能になるのか?就職にも優位にはたらく玉掛けに関する資格についてまとめてみたいと思います。

機械検査技能士ってどんな資格?資格を取るとどんな仕事ができる?資格の取り方とメリットを解説

機械検査技能士という資格をご存知でしょうか?機械検査技師は「機械の医者」と言っても過言ではありません。機械を生産するにあたり、とても重要な仕事です。さまざまな業種の機材の管理をする部署や工場、そして機械や工具、検査やメンテナンスなど扱う企業に必要とされる資格です。

【品質管理検定(QC検定)1級】品質課題解決のリーダー!どんな問題がでる?どうやって勉強する?などを解説!

世界中で日本製品が人気を集める理由の一つが、品質の高さです。高い品質を維持するためには、製品の設計から生産まで品質を厳しく管理する必要があります。品質管理に必要な知識を体系的に学べる品質管理検定(QC検定)の1級について紹介します。

【品質管理検定(QC検定)2級】品質を管理、改善できる!そしてスキルアップにも!

日本のものづくりの品質は世界からすばらしいと褒められています。その理由はなんだと思いますか?実は、日本のものづくりの会社は品質を管理することがとても上手なんです。さらに、品質をよりよくすることも得意なんです。ここでは、品質についての専門知識を身につけることができる「品質管理検定2級」について解説します。

【品質管理検定(QC検定)3級】働くすべての人におすすめ!3級を取るのはこんな人たち!

仕事をスムーズに進めていくためには仕事の品質を高める必要があります。効率よく品質の高い仕事をするためには品質管理の知識が必要です。その知識を仕事に生かせるレベルで学べる品質管理検定(QC検定)3級について紹介します。

【品質管理検定(QC検定)4級】よりよいものづくりの入り口!どんな資格か解説します。

品質管理ってどんな場面で役に立つと思いますか?やっぱり製造業ですよね。でも実はそれだけではないんです。なんとサービス業にも「品質」があるんです。サービスの質を「品質」と考えて、ものづくりと同じように管理できるんですね。ここでは、そんな「品質管理」の基本である「品質管理検定4級」について解説します。

品質管理にも資格があるの?品質管理検定(QC検定)ってどんな検定?

品質管理ってどんな場面で役に立つと思いますか?やっぱり製造業ですよね。でも実はそれだけではないんです。サービス業にも「品質」があるんですよ。サービスの質を「品質」と考えて、ものづくりと同じように管理できるんです。ここでは、そんな「品質管理」の資格「品質管理検定」について解説していきます。

QC検定は品質管理の資格。品質管理ってどんなことを勉強するの?

製造業などでよく聞く「品質管理」という言葉。よりよいものをお客様にとどけるには欠かせない品質管理ですが、実は品質管理に関する資格もあるんです。ここでは品質管理に関する資格であるQC検定について紹介します。

銀ろう付け技能者資格って役に立つ資格?取得難易度は?どんな問題がでる?などを解説!

皆さんはろう付けというのをご存知ですか? 溶接の一種なのですが、DIYなどでも比較的簡単にできる接合でたくさんの道具が売られています。ろう付けってどんな場面で役に立つと思いますか?やっぱり製造業ですよね。

はんだ付けにも資格があるの?はんだ付け検定ってどんな検定?

「はんだ付け」ときくと、先端テクノロジーとは無縁の地味なイメージをお持ちの方もいるのではありませんか?実は、スマホやPCなどの電子機器の性能進化の一端は「はんだ付け」が支えているんですよ。今回はそんな「はんだ付け」の検定について紹介します。

電子機器の実装を支えるプロの証!はんだ付けの資格ってどんなもの?

携帯電話が初めて世に出たときは、ショルダーバックような大きさでした。手のひらサイズの今では考えられませんね。この電子機器の小型化は「はんだ付け」職人の長年の知恵と経験が支えているんです。

ガス溶接の国家資格。ガス溶接作業主任者になるには?

「ガス溶接作業主任者」とは、ガス溶接の作業方法を決め、作業員に指示を出す責任者となるために必要なものです。ガス溶接作業主任者は自動車工場、建設現場、鉄工所など、様々な工場や作業現場で必要とされている資格です。

ガス溶接の資格ってあるの? 実は工場から建設現場まで活躍できる資格なんです。

金属同士を熱や圧力でつなぐ溶接。溶接にはさまざまな方法があります。それに合わせるように、資格もたくさんの種類があるんです。溶接の仕事を始めるための基本の資格から、ステップアップのための資格まで幅広くそろっています。

ガス溶接をするなら必須!ガス溶接技能講習とは?

金属をつなぐ溶接作業は、どんなところで役に立つでしょう?溶接作業は金属製造業だけでなく、実は幅広い分野で必要とされている技術なんです。建設・土木業、自動車・機械修理業、板金・塗装業など、金属溶接はさまざまな現場で広く使われています。

座学と実技で身につくアーク溶接の特別教育とは?

車や船の部品、身近なものでいうと自転車のフレームなどをよくみると金属同士が一体となっているものが多いですよね。あれらは溶接という加工によってつなぎ合わされています。溶接の中で最も幅広く使われているアーク溶接について、アーク溶接の資格を取得するために必須となっている「アーク溶接 特別教育」について説明します。

アーク溶接に必要な資格は?どんな人が取るの?資格があるとできる業務って?

私たちの身の回りには溶接されているものが多くあります。例えば車の部品や、自転車のフレームなどをよくみてみると金属同士がくっついていますよね。もともとは別々に分かれていたものを熱や圧力によって一体化する加工を溶接といいます。今回は数ある溶接法のなかから、非常にメジャーな「アーク溶接」について説明します。

溶接の資格はたくさん。どんな種類があるの?

溶接と聞くとやはり思い出すのが仮面を付け、火花をバチバチ飛ばしているあの姿ですよね。実は溶接と言っても60種類以上の加工方法が存在するといわれています。そんな溶接にはどんな種類の資格があるのでしょうか。